会社案内 採用情報 お問い合わせ
トップ 書籍案内 バックナンバー 生活指導等便利書式 購読・購入のお申込 関連リンク

クリニックマガジン
明日を創る医療総合誌
CLINIC magazine クリニックマガジン 2018年7月号
A4変型判 72頁 2,218円 年間購読:24,398円(税・送料共)
年間12冊 月刊誌毎月1日発行
月刊誌「クリニックマガジン」は、1975年4月に創刊されました。 読者は、全国の中小病院・開業医が中心ですが、全国の医科大学や基幹病院の主要医局、国公私立病院の勤務医をはじめ製薬企業およびMRにも愛読者が増えています。
購入  ダウンロード

2018年7月号  
 視 点 
「医療広告ガイドライン」改正
条件に合致すればウェブ上で幅広い情報提供が可能
厚生労働省  木下栄作
 特 集 
高齢者のてんかん
今日高齢社会の進展に伴い、高齢発症のてんかんが増えている。てんかんの年代別発症率が二極性を示し、乳幼児期と50代以降、特に65歳超で高くなるためであり、高齢者(65歳以上)の1%以上がてんかんを有するという。高齢初発てんかんはけいれんを伴わず、ぼーっとするなど静かで地味な動きの発作が多い。家族など周囲も発作に気付きにくく、高齢ドライバーによる交通事故の一定数に関係しているという見方もあり、高齢者のてんかんについて、国民への情報提供が必要と思われる。一方で、てんかんという疾患には今でも偏見があり、診断が高齢者に与える精神的な影響は少なくない。適切な診断とともに、少量の抗てんかん薬で改善することを丁寧に説明することが重要である。
本企画では、専門家に診断と治療の要点をお示しいただいたほか、臨床現場の専門家に、確定診断と治療の現状、課題を伺った。
[解説]
診断と治療のポイント―「てんかん診療ガイドライン2018」を踏まえて

国際医療福祉大学  赤松直樹

[インタビュー]
高齢者てんかん診療の現状と課題

TMGあさか医療センター  久保田有一

 特別企画 
男性不妊症の実際と治療

獨協医科大学埼玉医療センター  小堀善友

 レポート 
日本在宅医学会第20回記念大会(前編)
[大会長講演]
「病院・行政・市民とともに取り組むまちづくり
~地域を一つの“バーチャル病院”ととらえる~」
[シンポジウム 13]
「君はどんな医師になりたいのか
~求められる『主治医』機能とは~」
[ランチョンセミナー 10]
「在宅医療における亜鉛補充療法の有用性
 インタビュー 
革新的な抗体技術でアンメットニーズに応える
中外製薬 岡部尚文
 レポート 
第35回日本臨床内科医会総会
[特別講演1]
「超高齢社会に備える! かかりつけ医と在宅医療
―京都での取組み―
[特別講演2]
「新たな専門医制度の現状と課題」
[ランチョンセミナー3]
「UUI(切迫性尿失禁)―私のコミュニケーション術―」
 臨 床 
北里流 プライマリ・ケアにおける漢方診療
月経不順
北里大学東洋医学総合研究所
森 瑛
読む!新薬
抗悪性腫瘍剤/ポリアデノシン5'二リン酸リボースポリメラーゼ(PARP)阻害剤
リムパーザ®
希少がん入門
脈絡膜悪性黒色腫
国立がん研究センター中央病院
鈴木茂伸
 経 営 
2025年への伝言
医療・介護は重要なインフラ
四国医療産業研究所  櫃本真聿
町山三郎の納得「節税」塾
2018年度の税制改正(その3)
アフェックス 町山三郎
激変! どうなる医療制度改革、今後の課題と対応策
先月の医療・介護情報を速読する㉘
メディカル・テン  宮坂佳
病医院経営便利書式集
2018 年度診療報酬・介護報酬同時改定に 対応するために⑥
日常診療におけるトラブルの予防・解決
透析拒否の患者さんに どう対応すればよいか~究極の選択~
水島綜合法律事務所  水島幸子
連載/医療 ICT 実践講座< コラム>
電子カルテの買い替えのポイント
MICT コンサルティング  大西大輔
COML 電話相談実例集
胆管がんの再々発で入院した父にいきなり余命宣告 治療をせず最期の食事の希望も拒絶した担当医が許せない… ほか
COML 山口育子

2018年8月号  
特集
「障がい者性の問題」(仮)
●身体障がい者の性に関する支援 特定非営利活動法人ノアール
熊篠慶彦氏 ほか
特別企画
COPDへの新たなアプローチ
日常診療におけるトラブルの予防・解決
町山三郎の納得「節税」塾
COML電話相談実例集 ほか


ドラッグマガジン
ドラッグマガジン

薬業界経済・経営専門月刊誌
ドラッグトピックス
ドラッグトピックス

ヘルスケア総合情報週刊紙
ことぶき
ことぶき

健康・家庭総合情報月刊誌


トップ書籍案内リンクお問い合わせ会社案内プライバシーポリシー
このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社クリニックマガジンに帰属します。