会社案内 採用情報 お問い合わせ
トップ 書籍案内 バックナンバー 生活指導等便利書式 購読・購入のお申込 関連リンク

クリニックマガジン
明日を創る医療総合誌
CLINIC magazine クリニックマガジン 2019年3月号
A4変型判 72頁 2,218円 年間購読:24,398円(税・送料共)
年間12冊 月刊誌毎月1日発行
月刊誌「クリニックマガジン」は、1975年4月に創刊されました。 読者は、全国の中小病院・開業医が中心ですが、全国の医科大学や基幹病院の主要医局、国公私立病院の勤務医をはじめ製薬企業およびMRにも愛読者が増えています。
購入  ダウンロード

2019年2月号  
 特 集 
がん患者のアピアランスケア
がんの治療成績が年々向上し、治療を受けながら仕事や家庭などの社会生活を続け、がんと共に生きる人生は特別なことではなくなった。「第3期がん対策推進基本計画」(2018 年 3月)には、「患者本位のがん医療の実現」「尊厳を持って安心して暮らせる社会の構築」が掲げられている。分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬はがん治療に大きく寄与する一方で、皮膚障害や脱毛等の外見(アピアランス)の変化により、QOLを低下させる。がんとの共生において、皮膚障害対策やアピアランスケアは不可欠であり、第3期基本計画にもアピアランスに関する相談支援や情報提供の重要性が明記された。
本企画では、がん薬物療法に伴う皮膚障害対策とアピアランスケアについて専門家に解説いただくとともに、医療者が行うアピアランスケアの現状と今後の展望について伺った。
[解説]
がん薬物療法に伴う皮膚障害対策とアピアランスケア
QOL を大きく損なう皮膚障害
専門的かつ多角的な支援を

浜松医科大学 平川 聡史氏

浜松医科大学 妹尾 千代氏

浜松医科大学 針山孝 彦氏

帝人フロンティア 中野 紀穂氏

 インタビュー 
医療者が行うアピアランスケアの現状と展望
患者さんと社会をつなぎ、その人らしい生活を取り戻す
国立がん研究センター中央病院 野澤 桂子氏
 特別企画 医師の働き方改革 
医師の働き方は多様性が重要 単なる時間短縮に終始しない

日本医師会 今村 聡

 特別寄稿 「東京糖尿病療養指導士認定機構」の活動 
地域の多職種がチームとなり 増え続ける糖尿病患者をサポート

東京糖尿病療養指導士認定機構 菅原 正弘

 臨 床 
[北里流 プライマリ・ケアにおける
漢方診療]
眼精疲労
医療法人財団荻窪病院 眼科非常勤 風戸 陽子
読む!新薬
抗悪性腫瘍剤 CDK4及び6阻害剤
ベージニオ®
希少がん入門
小児悪性固形腫瘍
国立がん研究センター中央病院 荒川 歩
 経 営 
激変! どうなる医療制度改革、
今後の課題と対応策
先月の医療・介護情報を速読する㊱
メディカル・テン 宮坂 佳紀
病医院経営便利書式集
個別指導・適時調査に対応するために②
町山三郎の納得「節税」塾
税務行政と電子化の現状と動向
アフェックス 町山 三郎
日常診療におけるトラブルの予防・解決
「医療事故だから診療費は支払いません!」と言われたら...
水島綜合法律事務所 水島 幸子
COML 電話相談実例集
一人暮らしの母が大切にしていた洋服がたんすから紛失 「いただきました」というヘルパーにどうずればいい?...ほか
COML 山口 育子
連載/医療 ICT 実践講座<コラム>
診療所の働き方改革、自動化、標準化
MICT コンサルティング 大西 大輔
医療経営総合戦略室
投資用不動産は節税になるのか?
ウェルス・コンサルティング 渡辺 太郎
2025 年への伝言
住民の意識醸成へのかかわり
〜地域包括ケア時代を生き抜くために〜
四国医療産業研究所 櫃本 真聿
 カラーグラビア 
貴方も名医

静岡県立静岡がんセンター 幕内 梨恵、寺島 雅典

 エッセイ 
私のゲンキの素
還暦キリマンジャロ登山と山仲間たち

医療法人共生会 松園第二病院 紺野 衆


2019年4月号  
特集 在宅における尿路感染症診療
解説 診断と薬剤選択のポイント
沖縄県立中部病院 高山義浩氏
解説 カテーテル関連尿路感染症のマネジメント
矢澤クリニック 矢澤 聰氏
特集 虚血性心疾患診療UPDATE2019(仮)
特別企画
医師の働き方改革「改革の真の目的を正しく理解する」
日常診療におけるトラブルの予防・解決
町山三郎の納得「節税」塾
COML電話相談実例集 ほか


ドラッグマガジン
ドラッグマガジン

薬業界経済・経営専門月刊誌
ドラッグトピックス
ドラッグトピックス

ヘルスケア総合情報週刊紙
ことぶき
ことぶき

健康・家庭総合情報月刊誌


トップ書籍案内リンクお問い合わせ会社案内プライバシーポリシー
このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社クリニックマガジンに帰属します。