会社案内 採用情報 お問い合わせ
トップ 書籍案内 クリニックマガジンバックナンバー 生活指導等便利書式 購読・購入のお申込 関連リンク

クリニックマガジン
明日を創る医療総合誌
CLINIC magazine クリニックマガジン 10月号
月刊誌「クリニックマガジン」は、1975年4月に創刊されました。 読者は、全国の中小病院・開業医が中心ですが、全国の医科大学や基幹病院の主要医局、国公私立病院の勤務医をはじめ製薬企業およびMRにも受読者が増えています。 年間購読料には、7月発行の別冊「医療法改定・医療情報公開制度に対応した診療所・病院向けマニュアル集」号、11月発行の別冊・病院と診療所の経営指標と地域医療データを満載した『メディカル・オール・データ&ランキング』号が含まれます。
購入  ダウンロード

2008年10月号  
 視 点 
がん患者の就労・雇用に関する調査を実施
緩やかな治療環境の提供に「がん治療休暇制度」の確立を
東京大学 桜井なおみ
 特 集 
STOP THE 医療崩壊
―トラブル回避のためのシステムづくりと意識改革―

「無罪」判決。福島県立大野病院事件でわが国の医事紛争は歴史的な一歩を踏み出した。裁判では、公判の間に多数の医師たちがインターネット上で被告を擁護して世論形成していくという画期的な展開も見られた。事件を契機に、厚労省も医療界も医療事故の真相究明と再発防止に向け、「医療安全調査委員会」案や「無過失補償制度」案を打ち出した。それらは、遺族の切なる願いに応え、医療崩壊阻止につなげられるものなのか。
本誌の座談会では、産婦人科教授・岡井 崇氏、患者側弁護士・松井菜採氏、医療メディエーター・會田秀子氏、リスクマネジメントの専門家・辻 純一郎氏が互いの主張をぶつけ合い、トラブル回避のシステムづくりや双方の意識改革をめざして解決策を探った。

[座談会]
医事紛争 真の解決に向けて ―福島県立大野病院事件の教訓から―
昭和大学 岡井 崇、すずかけ法律事務所 松井菜採、順天堂大学 會田秀子
[司会]昭和大学 辻 純一郎
[事例解説]
裁判例に学ぶ再発防止策 ―医療人の予見義務、結果回避義務とは?―
 2009年度 全国私立医科系大学入試特集 
これからの医師に求められる資質/キャンパスレポート/私立医科系大学入試要項一覧
 特別企画 
地域連携を支援するスギ薬局 麻薬や無菌調剤など在宅医療の高度化に対応
 現場からの“医療行政斜め読み” 
療養病床「22万床」の裏側
株式会社MMオフィス 工藤 高
 病医院経営“便利”書式集(4) 
障害者施設等入院基本料算定対象患者の判定
 臨 床 
漢方羅針盤(15)
機能性頭痛
慶應義塾大学 西村 甲
最新・薬物治療の実際
関節リウマチの薬物治療
産業医科大学 田中良哉
新薬レビュー
チャンピックス錠0.5mg、1mg
大阪大学医学部附属病院薬剤部 村井 扶
貴方も名医
高知大学 佐野栄紀
 経 営 
町山三郎の納得「節税」塾
個人診療所の節税対策
COML電話相談実例集
脳梗塞慢性期管理の転院先で相次いだ投薬ミス...ほか
COML 山口育子



ドラッグマガジン
ドラッグマガジン

薬業界経済・経営専門月刊誌
ドラッグトピックス
ドラッグトピックス

ヘルスケア総合情報週刊紙
ことぶき
ことぶき

健康・家庭総合情報月刊誌
2008年バックナンバーに戻る


トップ書籍案内リンクお問い合わせ会社案内プライバシーポリシー
このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社クリニックマガジンに帰属します。